膝痛を根本から治したいなら○○を鍛える!

こんな不安がある方へ

  • 膝痛が再発するんじゃないかと不安がある
  • どうすれば膝の痛みが根本から治せるんだろう

 

結論から話します。

膝痛を根本から治したいなら、腹筋を鍛えてください!

 

膝痛を治したければお腹を鍛える!

[toc]

 

お腹を鍛えるべき理由

お腹を鍛えることで、膝痛の再発が防げます。

 

なぜならお腹を鍛えることで姿勢が安定し、膝への負担が防げるからです。

 

私が常日頃から治療中にお伝えしているように、膝痛を治す時は膝に負担のかからない姿勢を覚えるのが大事です。

筋肉を使わずに骨で立つ姿勢を覚えることで、膝の痛みはどんどん取れます。

 

これを覚えずに身体全体を筋肉で支えようとすれば、いつまでたっても足の筋肉への負担が取れず、症状が再発する可能性が残ります。

 

なので、常日頃から骨で立つ姿勢を意識する必要があります。

 

ですが、ここで一つ問題が!

背中とお腹の筋肉バランスが悪く、うまく姿勢を保てないという人がとても多い!

 

今まで腰や背中の筋肉に頼って身体を支えていたせいで、お腹の筋肉が弱ってしまう、もしくは使えていない。

そのために筋肉バランスが極端に悪くなり、姿勢を取りにくくなっている方が非常に多いのです。

 

 

鍛えるべき場所はお腹のココ!

ただお腹を鍛えればいいと言うものではありません。

お腹の筋肉というと、おそらくイメージするのはこんな筋肉ではありませんか?

 

カッコいいですね~!

いわゆるシックスパックというやつです。

 

ですが、姿勢を安定させる場合、この筋肉は注目されません。

 

大事なのは、こちらの筋肉です。

 

腹横筋。

 

この腹横筋はお腹の前側から、グルリと腰の後ろを囲うようについている筋肉です。

腹横筋の仕事は、腹圧を高めること。

腹横筋がしっかり働くことで腹圧が働き、前から身体を支えてくれます。

 

 

他にもお腹のインナーマッスルの内腹斜筋外腹斜筋なども鍛えることで、より安定して身体を支えることができます。

 

膝の痛みを根本から治すなら、姿勢の安定化は絶対条件です!

ぜひインナーマッスルのトレーニング、挑戦してみてくださいね!

© 2021 ハマ接骨院 相模原院 Powered by AFFINGER5